子供が生まれた時に貰って嬉しかった出産祝いと、喜ばれるかと相手のことを考え選んだお祝いギフトについて

喜ばれた出産祝いの実例集
喜ばれた出産祝いの実例集

貰って嬉しかった出産祝いと贈ったお祝いギフトについて

5年前、初めての出産に戸惑いながらも嬉しさのあまり、たくさんの赤ちゃん用品を自分で用意していました。オムツ、着替え、おもちゃ、そして妊娠中に赤ちゃんと繋がれるグッズなど。そして出産、友達からはたくさんの出産祝いが送られてきたのですが、困ったのは洋服でした。自分では買えないようなブランドの洋服を沢山貰いましたが、うちの子供には似合わず。また好みが違ったものもあり・・・。タンスの肥しになっていました。そんな中、とても嬉しかったお祝いは、消耗品でした。オムツ、おしり拭き、ミルク、離乳食など。あっても困らない物!それは出産後、思うように外出できない私と子供にとって、何よりも助かり嬉しかったのを覚えています。

そんな経験もあってか、私は自分で送るお祝いギフトに関しては、出産祝いの場合は消耗品でオムツも色んなサイズやメーカー、おしり拭きも色んなメーカーの物を揃えて渡すようになりました。赤ちゃんによっては、メーカーが違うだけで合わない物もあるからです。最初に試してみたいと自分自身が思っていたので、なるべくたくさんの種類を揃えて渡すと、いつも喜ばれます。逆に、その他のお祝い事には、カタログギフトと決めています。自分のほしい物=相手のほしい物とは限りませんよね!カタログだと見る楽しみ、選ぶ楽しみ、届く楽しみと何度も味わえると思うのです。相手を思いながら、商品を選ぶ楽しみというのもあるかと思いますが、本当に欲しい物は、その人にしかわからないことだってあると思うからです。

ピックアップ

Copyright (C)2019喜ばれた出産祝いの実例集.All rights reserved.